学習塾のシステムを詳しく解説!

塾選びの情報サイト『学習塾そのシステムに迫る』

学習塾のシステムを見抜く その@

学習塾選びの原則は、「外見よりも中身の充実制」です。
ビルの立派さや教室の内装の豪華さよりも、そこで教えている講師の指導力や面倒見の良さが重要になります。
儲け主義ではなく貢献主義で経営されている学習塾は、たとえ教室が粗末でボロくあっても、優秀な情熱を持った講師が集まっていることが多いのです。
生徒の学力を向上させることを第一と考え生き甲斐を感じている、そんな熱意が煮えたぎっているような講師は貢献主義の塾でこそで、その指導手腕をのびのびと発揮できるからです。

このページでは学習塾を選ぶ際の儲け主義か貢献主義かの学習塾を見抜くポイントをピックアップして述べて行きたいと思います。

広告チラシを分析する

広告チラシの豪華さ

広告チラシの豪華さは、学習塾の中身とは無関係です。
チェーン塾の場合は、その本部でまとめて広告チラシを印刷するので、豪華な割に単価が安くなり、そのため生徒数が少ない教室であっても豪華なカラーチラシを配布できます(校名と地図の部分は追加印刷、または切り貼りやスタンプで追加する)。

広告チラシ折込の頻度

何度も繰り返しチラシをふりまいているのは、たくさんチラシをまかないと生徒が集まらない学習塾で。
学習塾が広告宣伝費をかけすぎると、その分人件費を減らす(講師の質を落とす)か、授業料を値上げすることになります。
中身のいい学習塾は、広告チラシを印刷する時間も予算もないですので口コミで生徒が集まってくるので、チラシの折込回数は少なく大抵ワープロや手書きのモノクロコピー用紙のチラシが普通です。

指導方法の表現

長い間実績を積み上げてきた学習塾は、独自の指導方法を確立しています。
独自の指導方法に自信があると、チラシには控えめにしか書かない傾向があります、他学習塾に真似されるのを防ぐ為。
その反対に、「なんとかシステム、なんとかコース」と銘打って、大々的に指導方法をアピールしている塾は、良く見るとどの塾でもやっていることを図で示しただけ、ということが多いです。
まったく指導方法を書いていないチラシは、指導方法にとても自信があるのであえて書くまでもない塾か、指導方法にまったく自信がないのでとても書けないか、そのどちらかです。

授業料表示の有無

授業料を表示していない学習塾は、表示しない理由があるのです。
サービスが同程度で授業料が高い学習塾(要するにコストパフォーマンスが悪い塾)は、授業料を明示すると反応が悪いので、広告チラシには授業料を掲載できない。
「電話ではなく、直接お話をしないと、授業料は教えられない」などと言われたら、最早キャッチセールスもどきの塾です。
セールスマンばりの、言葉巧みな説明員が待ちかまえていて高額のコースにしつこく勧誘されるので、騙されることになるので絶対に行かないこと。

授業料の比較

分当たり単価で比較します。
どこの学習塾も同じような授業システムならば、だいたい同じ水準のはずです。
1クラスの生徒数が多ければ多いほど、授業料は安くなります。
質の高いプロ講師を揃えている学習塾は人件費が高くなるので、授業料は相場よりやや高いことが多く(それでも生徒は集まる)。
その逆は真ならずで、相場より授業料が高い学習塾=講師の質が高い、ではないので要注意です。
反対に、同じような授業システムで相場よりも授業料が安い塾は、人件費が低い=講師の質が高くない、ということが多く。
また、授業料は安いが、諸経費(教材費、入学金、模試の申し込み代金、検定量)が高い学習塾もあります。
そのため、候補となる学習塾をいくつか選んだら、授業料に諸経費を合算して、1年間でいくらになるかを比較するといいでしょう。

合格実績

結構の方が騙されるのですが合格実績は、過大評価してはいけません。
大手の進学塾やチェーン塾の合格実績は、その人数の多さに驚かされますが、生徒が多ければ合格者が多くて当たり前なのです。
ひどい場合には提携している他の塾と合算してその学習塾の合格実績をアピールしていることもあるので要注意です。
ひとつの教室あたりでどのくらい合格しているのかは、なかなか分からないもので。
そもそも、合格者数よりも合格率が問題なのですが、これは普通は広告チラシには書いてないので、もし書かれたとしても具体的数字は書かれず大抵99%と書かれています。
そのため、授業のレベルが合っているかどうかを知るために、通おうとしている教室から志望校と同レベルの学校への合格者が出ているかどうかを見る程度にとどめておいた方がいいと思われます。

注目サイト

一人ひとりにとことん。

お勧めの塾

Copyright(C) 学習塾そのシステムに迫る Allrightreserved